skywalkerskywalker

About Us

プラン内容

動画環境調査産業機空撮調査赤外線カメラ静止画

赤外線カメラを装備したMatriceシリーズのドローンによる赤外線調査は、建物や設備の問題点を特定するための効率的な点検方法です。この方法では、熱画像を取得し、専門的なソフトウェアを用いて解析を行います。これにより、建物の熱損失、断熱性能の不足、または設備の異常発熱など、通常の目視では見つけにくい問題点を迅速に特定することが可能です。

金額

※撮影日数によって料金は変動

所要時間

※日数単位

お問い合わせ・お申し込み

調査内容詳細

Matriceシリーズのドローンを用いた赤外線調査は、熱の漏れや異常発熱箇所を発見する優れた点検手段です。

この熱画像調査は、赤外線カメラによって捉えられた熱の放出量の違いを色で表現したもので、通常の視覚では見えない情報を可視化します。

ドローンの使用により、高所や危険な場所へ人間が直接赴く必要がなく、安全且つ迅速に点検を行うことが可能となります。

この調査を通じて、省エネ改修の提案や機器の修理・交換の必要性等が明らかになるため、結果的には建物の持続可能性とエネルギー効率の向上に寄与します。

高機能性と安定性を兼ね備えたMatriceシリーズのドローンは、建築業界や工場などで広く使われており、従来の点検方法に比べて高精度で効率的な点検が可能です。これにより、建物の寿命を延ばし、エネルギーの効率化に貢献します。

調査用ドローン/MATRICE30oRTK詳細>>

調査用ドローン/MATRICE30T詳細>>

その他の情報

*調査当日の気象影響により延期する場合がございます。
*ドローンでも入る場所が難しい場合がございます。

コース一覧に戻る